紫地縮緬石橋文様刺繍小袖
江戸時代後期

 謡曲「石橋(しゃっきょう)」を文様化した獅子と牡丹の組み合わせである。寂昭法師が入唐して清涼山の聖域の石橋に至ると、文殊菩薩の愛獣である獅子が咲き誇る牡丹の花に戯れつつ舞い狂うというシーンがこの演目の見せ場である。

 技法は白上げと摺匹田、そして見応えのある刺繍が全面に施されている。特に獅子の部分は肉入り繍で盛り上げ立体感を出している。一部に黒の刺繍糸の剥落が見られるが、良いコンディションで遺る作品である。(価格:お問い合せ下さい)

更新情報
サイトに掲載の商品につきましては「お問い合せ」より何なりとお尋ね下さいませ!
現在実店舗の営業時間を18時30分までに短縮しております。m(__)m

 ←インスタグラム @konjaku.nishimura よろしくお願いいたします!

2024年5月21日更新
● 商品1点を追加しました!
「期間限定商品」ブルー地絽船祭文織名古屋帯

2024年5月11日更新
●商品1点を追加しました!
「期間限定商品」紫地芙蓉唐草文友禅単衣着物

2024年 5月 1日更新
●今月の Show Window を更新しました!


Copyright(C) 2004-2011 株式会社今昔西村 All Rights Reserved.