紫地絽桜花に海辺風景文様小袖
江戸時代末期

 夏の衣装であるが見事なコンディションで遺っている。紫の絽地に白揚げと刺繍で施工された文様は、上部の桜花と能の演目「松風」を暗示させているのか、裾に汐汲みが置かれた海辺の景が組み合わされている。

 一見、御所解系統の雰囲気も感じさせるが、糸取り雲を使った天地の景は公家風でもある。幕末の公武合体期頃の作品でないかと考える。(価格:お問い合わせ下さい)

更新情報

6月より実店舗改装工事のため、仮店舗にて営業しております。また定休日が
日曜日に変更になりましたので、お間違えのないよう、よろしくお願い致します。

現在ショッピングカートが作動しておりませんので、誠にお手数ですが
商品のご注文は「お問い合せ」よりお願い致します。

2018年 8月 1日更新
●今月の Show Window を更新しました!
●9月3日まで島根県立石見美術館で開催中の「ゆかた浴衣YUKATA」展に
出品協力しております!


Copyright(C) 2004-2011 株式会社今昔西村 All Rights Reserved.