紅地縮緬文字南天文様絞り刺繍子供着物
江戸時代後期

 元々は成人用の小袖を子供用に仕立てかえられた作品。紅地の縮緬に刺繍主体でリズムよく南天があらわされている。葉っぱは絞りによる白上げと匹田鹿の子、そして藍の型鹿の子の三種を使いわける。所々金糸の刺繍で文字が散らされているが、欠落している文字もあり出典まではわからない。

 南天は「難を転じる」に通じ、吉祥の意味を有する文様として好まれた。(価格:お問い合わせ下さい)

更新情報

6月より定休日が日曜日に変更になりました。お間違えのないようお願い致します。

現在ショッピングカートが作動しておりませんので、誠にお手数ですが
商品のご注文は「お問い合せ」よりお願い致します。

2018年12月11日更新
●商品1点を追加しました!
「紋付/訪問着」茶地南天に雪輪松皮菱文友禅刺繍箔訪問着

2018年12月 1日更新
●今月の Show Window を更新しました!
●12月25日より1月6日までお休みさせていただきます!

2018年11月21日更新
●商品1点を追加しました!
「羽織/コート」黒地モダン七宝繋ぎ文友禅刺繍羽織


Copyright(C) 2004-2011 株式会社今昔西村 All Rights Reserved.