水浅葱地石橋文様友禅刺繍帷子
江戸時代末期〜明治時代

 水浅葱の麻地に謡曲「石橋(しゃっきょう)」があらわされている。咲き誇る牡丹の花に戯れつつ獅子が舞い狂うという場面である。獅子は厳めしい獣のモチーフを避け、扇にたてがみを付けることによって表現されている。

 白上げに刺繍と友禅の色挿しを加える。刺繍糸には当時の最新技術である化学染料も一部見られ、スッキリと清涼感溢れる作品に仕上げられている。(価格:お問い合わせ下さい)

更新情報

現在ショッピングカートが作動しておりませんので、誠にお手数ですが商品のご注文は「お問い合せ」よりお願い致します。

●埼玉県川越市立美術館で開催の「ゆかた浴衣YUKATA」展に出品協力させていただいております!(9月8日まで)

2019年 7月 1日更新
●今月の Show Window を更新しました!


Copyright(C) 2004-2011 株式会社今昔西村 All Rights Reserved.