紫地縮緬御所解文様友禅刺繍中裁振袖
江戸時代後期

 珍しい十数歳くらいのサイズの御所解である。袖や身頃の裾の模様が完結していることから、大人用を仕立てかえたのではないことがわかる。

 菊、萩、藤袴といった秋草をメインに上前に耕牛を添えるが主題は特定できない。白揚げに刺繍は御所解の定番施工であるが、それにプラス、所々に友禅の挿しが加えてあり手が込んでいる。贅沢で希少な逸品である。(価格:お問い合わせ下さい)

更新情報
現在ショッピングカートが作動しておりませんので、誠にお手数ですが商品のご注文は
「お問い合せ」よりお願い致します。

2019年10月21日更新
●商品1点を追加しました!
「小紋」黒地ラメ織に慶長裂文友禅刺繍着物

2019年10月11日更新
●商品1点を追加しました!
「羽織/コート」赤紫黄ぼかし地糸菊文友禅長羽織

2019年10月 1日更新
●今月の Show Window を更新しました!


Copyright(C) 2004-2011 株式会社今昔西村 All Rights Reserved.